中古車の買取査定の留意点として重要視される点として走行距離が挙げられます。一般的に走行距離イコール処分をする車の消費期限とみなされるケースもありますので、走行距離というのは長い分だけ、見積もりにとってはマイナス要因になります。走行距離そのものはより短い方が愛車の買取額は上がりますがほとんど詳しいベースラインはないので、決まった目安で査定されます。こうしたことは実際に車を買い取り業者に下取りする際も重要視される買取査定の大切な留意点です。例えば、普通車の場合年間標準走行距離10000キロを基準としてこれを超えていると多くの場合査定がマイナスになるなどです。軽自動車では年間8000kmがまた年式が古い割に走っている距離がとても少ない場合でも、見積額が高値になるとは限りません。現実に実行したらよく感じられると思いますが、車は定期的に乗ってあげることによってもコンディションを維持しますから、あきらかに走行距離が短い中古車だと破損しやすいと見られることもあると思います。これは自動車の査定に関しても同じことです。普通は年式と走行距離に関しての査定の要点は年数にたいして程よい走行距離になっているかという点です。そしてその車の年式というのも中古車の売却額査定の重要な注意点のひとつです。十分理解しているというような人がたくさんいると思っていますが、一般的には年式に関しては新しいほど査定では優位なのですが、例外的にその年式にプレミアが付いているものは、古い年式の車でも高額で査定してもらえることもあります。、同様の種類で同様の年式であっても、その年式の中でモデルチェンジや仕様変更などが発表されている車はもちろんそれぞれのブランドによって査定は違ってきます。同じ車の見積もりという場合でも色々な要因で査定額は多少変わってきます。