血圧の管理は大変重要な事なのですが健康な殆どの人はその認識が薄いと思われます。 血圧は心臓から全身の血管に血が流れる時の血管にかかる圧力をいいます。 正常な血圧の値は個人差がありますが通常130〜90程です。血圧が高すぎると血管に余分な負担がかかりますから傷んできます。その結果、血管内部が細くなり血液の流れが滞りそれが続けば詰まってしまいます。これは脳梗塞に繋がる危険性が大変大きいので充分注意しなければいけません。 高血圧にならない為には適度な運動と食塩の摂取を控える事が大切です。 高血圧の人や心臓病を患った人の食塩摂取量は1日6g迄と言われています。注意していないと6gはすぐに超えてしまいます。 醤油、味噌など日本の食文化の代表的な調味料は塩分が多いので食べ過ぎに注意です。尤も塩分が多いので美味しいとも言えます。 血圧の測定を毎日決まった時間に自分で行う事です。自分で測定すれば毎日の血圧の変化が解り、未然に体調が悪くなるのを防ぐ事が出来ます。 血圧計は手首式の物がありますがブレが大きいので腕に巻いて計測する方式の方が良いです。