自動車重量税、略して重量税という税金は日本の自動車とか輸入車など車の国やミニバン、ハイルーフ車という車の形状も例外なく、たとえばニッサンやGM、などでも普通に納付しなくてはならない税のことをいいます。若榴da檸檬(ざくろだれもん)の味や飲み方、成分、副作用について徹底解剖!

新車登録のさい、または車検に出す場合に支払うものです。俺得修学旅行はコミなび最安値コースかBookliveでダウンロードできます!

その額は対象となる愛車の重量毎に定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」を比べると完全に異なる概念なので基礎となる税金を理解して混同しないようにしてください。

「自動車重量税は車の重量毎に」「自動車税はリッター数により」金額が変わります。

そして、買取する際の対応も違ってきますので、注意しましょう。

自動車の買い取りの際には支払い済みの車の額がいくら残っていた場合でも、その税金が返ってくるようなことはないのですが、一方自動車税の時は、既に納めた金額を査定額に足してくれるようなことがありますが、重量税の場合は足されるという事例はあまりないはずです。

重量税は車を売るときに支払い済みの額が残存しているからと言って中古車の業者でそれが配慮されることはまずないのです。

そのため次の支払いつまるところ車検まで待った上で買い取りをお願いするという手段が最も良いです。

自動車の引き取りの際は考慮してもらえない重量税でも、特別なケースでしたら戻ってくることもあるのです。

この事例というのは車検が残存している自動車を廃車処理する時です。

要するに廃車登録をした時に、残存期間に応じて額が返ってきます。

ただし車の買取の場合はその自動車が廃車になるわけではないので還付されません。

また手放す自動車の名義変更をした際や、盗難された際も還付を受けることはできません。

自動車重量税が残っている期間がある車を手放すイコール車検期間がまだある車です。

そのことを店側も計算に入れますから自動車重量税が残っていれば、少しは査定額が上乗せされることでしょう。

もちろん、査定額は店舗によりまちまちなのですが車検の効力が残っていることが忖度されれば、愛車の買取額と比較するとそんなに払い損と考えることもありません。