キャッシングした時、お金を返す時には利息を乗せた返済になるのは知っていると思います。

銀行又は金融機関は利益を目的とした会社なのですから当然です。

とは言ってもお金を支払う方は、わすかでも少なく返金したいとよぎるのが本当の気持ちでしょう。

利息制限法が適用される一世代前は、年間30%近い利子を払わされていましたが、設けられてからは高くても18%位と随分低く設定されていますので、とってもお得になったような気がします。

現在のローンキャッシングの利子範囲は4%位から18%位の間が設定されていて、利用限度額により定められます。

利用限度額は申込者の信用度によって影響します。

総量制限により年の収入の1/3までと定められていますので、一年の収入がどれほどあるのか?どういった職についているのか?カードの使用状況はどうなのか?もろもろ見られ与信金額としてクレジットカードの内容が決まることになります。

カードを使ったキャッシングの場合利用できる額が10万円〜800万円(各会社で利用可能額は変わります)と広い範囲があります。

そしてその幅の中で決められた使用可能額により利息も決まります。

50万円なら年率18%、300万円なら年率12%、800万円なら4%といった具合になるでしょう。

要するに信用度が良ければ、与信限度額も多くなり、利子も下がります。

この利子に疑問を覚えるのは僕だけでしょうか?余談になりますが、カード会社にとって、それらの事実は当たり前なのでしょうが、収入の高い人がキャッシングができないと困るとは考えずらいですし、万が一ローンサービスを利用したとしても利息が多かろうが少なかろうが返済に追われる事はないです。

逆に収入の低い人は直ぐにお金がほしいから借りる方が大半です。

利率が高いと支払いに苦労することになります。

ですので借り入れ可能枠の少ない人にこそ低利息で使用できるようにすべきです。

これは活用する自分が置かれている立場としての考えです。

これらを踏まえて、金利を低くする為にはどうしたら良いのか、おぼろげながら気付いたと思います。

現にこれから述べる方法で、申し込む人が大多数なので紹介しますと、カードローンの手続きに申込みをする時に、一年の収入の1/3ぎりぎりの額まで申し込むのです。

年収450万円なら150万円。

年収900万円なら300万円で審査で申し込んだ満額通ればその分金利が低いキャッシングできるカードを手に入れることができると思います。

だからと言って限度額ギリギリまで使わなければならないという事はありません。

15万円でも20万円でも必要な額だけ利用可能です。

さらに利用限度枠が300万円で最低利率年率7%位のローン企業も存在しますので、その金融会社に申し込めばその会社の最低利息で利用できるはずです。

どうでしょうか?アプローチ次第で低利子のキャッシングできるカードを持参することが出来るようになります。

自分の年の収入とローン会社の金利を比較し、考える事に時間を割けば、より望ましい条件でお金の借入れができるのですから、ちゃんとチェックするようにする必要があります。