貧血の治療法としては、補血剤や漢方があります。

漢方を処方する場合には専門家のアドバイスが必要です。

手軽な民間療法としての、お灸などを試してみるのもいいかもしれません。

ツボにすえることで効き目を発揮するのですが、あまり熱くないものも販売されています。

昔から行われている足三里へのお灸は、赤血球、白血球を増やすのに役立つとされています。

お灸は1日1回、3から7壮ぐらいずつ、毎月5から10日間行うのがいいとされています。

日常の食事で注意することは、ホウレンソウ、納豆、タンパク質のたぐいを、たくさん食べるようにします。

近頃は、血液の絶対量は少なくないのに、めまいがするといってサプリメントの鉄剤を飲んでいる人がいますが、こういった場合には、血液の循環がわるいことが原因である場合もあるので、その場合は、あまり意味はありません。

しかも、その鉄のために便秘を引き起こすこともあるので注意が必要です。

最近は、女性の方の貧血が増えています。

年に1回以上の定期検診を受けることが大切です。